12. adidas World Cup 82 (2)

Size UK5.5 Made in West Germany

英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.4 ~3マテリアルソールのアディダス・ワールドカップシリーズ編~

11とおそろいでマレーシアから購入しました。

2つ並んだ画像が送られてきたので両方買ってしまいました。

シュータンマークが青か黒かの違いだけかと思いきや、インソールの色も違います。

どちらも土ふまず部分が立体形状になっており、取り外し可能です。

黒マークに白のトレフォイルはこのモデルではたまに見かけますが、固定式版のコパムンではまったく見ない昨今です。

80年代の日本では履いている選手が割と多かった記憶があるのですが出てこないですねえ…。

また、80年代のコパムンで、このモデルのような取り外し可能のインソールは見たことがありません。

さて、アディダスはなぜ同じ名前のモデルなのに青やら黒やらマークだけ変えたのか?

私なりの考えは以下になります(あくまで推測です)。

画像のように一時期、82年W杯後、ワールドチャンピョンがWM-TOP STARに名前が変更になり、販売されていました。その時、同時にワールドカップ82も発売されました。

画像の広告では「82」の文字がありませんが、これもかなり珍しいと思います。

この二つのモデルの違いはつま先部分のみで、実際に見てみないとわからないぐらいデザイン的にはよく似ています。

この2種類の差別化のために、デビュー時のワールドカップ82のシュータンマークを黒にしたのではないかと思っています。

黒のシュータンマークはコパムンにも採用されましたが、数が足りなくなったのか、青が余っていたのかはわかりませんが、その後、このモデルのように、ワールドカップ82も青マークの物が作られたのかもしれません。

黒に赤のトレフォイルマークは86年W杯モデルが数多くデビューし(3260)、それらのモデル用に大量に作られたようで、その頃からワールドカップもコパムンも同じマークになり、90年代まで続いたような気がします。

一時期、トレフォイルが緑になったこともありますが、これについてはいずれ書きたいと思います(こちら)。


I bought this model from Malaysia to match the 11.

I was sent a picture of the two side by side so I bought them both.

The color of the insole is different as well, although I thought the only difference was whether the shoe tongue’s marks were blue or black.

Both of them have a three-dimensional shape and are removable.

The trefoil of white on a black ground is seen in this model occasionally, but is not seen at all in the Copa Mundial of the moulded type version these days.

In Japan in the 80’s, there were a lot of players wearing this model, but it doesn’t appear.

Also, I have never seen a detachable insole like this model in the 80’s Copa Mundial.

Now, why did Adidas change only the blue or black or markings on the model with the same name?

My own thoughts are as follows (just a guess).

At one time, as you can see in the image, after the 82 World Cup in Spain, the World Champion was renamed and sold to WM-TOP STAR. At the same time, the World Cup 82 was released.

There is no “82” in the ad in the image, but I think this is also quite unusual.

The only difference between the two models is the toe part, and they are so similar in design that you have to see them in person to understand them.

To differentiate the two models, I believe that the World Cup 82’s shoe tongue’s mark was made in black for the debut of the World Cup 82.

The black shoe tongue’s mark was also used on the Copa Mundial, but I don’t know if they ran out of them or if there was a surplus of blue, but later on, the World Cup 82 may have been made with a blue mark, just like this model.

The black with red trefoil markings seems to have been made in large quantities for the many World Cup 86 models that debuted in 1986 (32, 60), and the same markings were used for both World Cup and Copa Mundial models from then on, and I think it continued until the 90s.

At one point, the trefoil was green, but I’ll write about that at some point (here).