117 adidas WORLD CUP SL

Size UK7 Made in Germany

英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.38『1990年イタリアW杯のアディダススパイク編』

90年W杯でエトルスコシリーズとともにデビューしたモデルです。

ただ、日本で販売されたかは不明です。

何人かの選手が履いていたと思いますが、なんと言っても、優勝国西ドイツ主将マテウス選手が決勝の後半に右足のみこのモデルを履いていました。

試合開始はワールドカップを履いていましたが、ハーフタイムに片足だけ替えたようです(こちらをご覧下さい)。

どこかにこの事実が書かれていないか調べたところ、こちらに少し当時のことが書かれていました。

ハーフタイムに替えたスパイク(アディダスワールドカップ)があまりしっくりこなかったそうで、決勝のPKを蹴らなかったとか(キッカーはこのスパイクを履いたブレーメ選手)。

右足のスパイク(つまりSLの方)は金色に塗って、バイエルン博物館に展示されているけど、マテウス選手は返却を希望しているらしいとのこと。

ただ、左右違うスパイクとは書いていませんでした。

このホームページのもとの画像はどういうわけか左右逆みたいで、反転させてみたのがこれです。

マークもSL特有のものです。

マテウス選手をはじめ、ほとんどのアディダススパイク使用選手はシュータンを折り返していたので、このマークが写っている画像は結構レアだと思います。

サッカーダイジェスト90年9月号の表紙

マテウス選手のシュータンにご注目。

右足はブレーメ選手と同じSLです。

シュータンは切っていたみたいですね。

リティー選手ヘスラー選手のスパイクも実は珍品です。

追記

ブレーメ選手のスパイクはその後ゴールドになったらしいです(こちらから引用しました)。