229 PUMA Matthäus SUPER

Size UK8.5 Made in West Germany

英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.39 『プーマ西ドイツ製からドイツ製、そしてその後の歴史とは?!』

マテウス選手のプーマのシグネチャーモデルはたくさんありますが、あまり質の高いモデルはなく、おそらくトップ選手が愛用していたのはこれだけだと思います。
There are many signature Puma models of Matthäus, but none of them are of very high quality, and this is probably the only one that was used by a top player.

ただ、マテウス選手ご自身はこのモデルをお使いではなく、別の選手が履いていました。
However, Matthäus himself did not use this model and another player wore it.

88年トヨタカップのセレ(Jorge Seré)選手。富越さんの写真です。
Jorge Seré in the ’88 Toyota Cup. This is a photo of Mr. Tomikoshi.

同じチームには固定式をお使いの方もおられました。
Some people on the same team were using a moulded studs type.

先制ゴールを決めるオストラサ(Santiago Ostolaza)選手。こちらのシュータンは後のレセルバタイプですが、2種類あったようです。
Santiago Ostolaza scores the first goal. This shoe tongue is the later type of reserva, but there were two types.

こちらの名選手も練習でお使いでした。
This famous player also used this model in practice.

個人的にこのモデルの魅力はソールですかね。
Personally, I think the charm of this model is the sole.

80年代後半から90年代前半まで名選手がご愛用でした。
From late 80’s to early 90’s, this model was used by famous players.


アッパーはこれがベースだったと思います。
I believe this was the base of the upper for this model.


アッパーはパラメヒコだと思いますが、不思議なモデルをお使いの時もあったようです。
I believe the upper part of this model is a Paramexico, but this player has been using a strange model at times.


アッパーはスフィーダでしょう。スライディングの選手はノーマルのキングです。
The upper part of this boots would be Sfida. The player of sliding is a normal king.

名選手が特注で取替式を作った時に好んで採用されたソールだったと思われます。
It seems to have been the sole that was preferred when a famous player made a special order changeable studs model.

さて、肝心のマテウス選手ですが…。
Now, the most important player is Matthäus….

ボルシアMGでプロデビューされたころ。たぶんこのタイプをご愛用でした。この胸のマークは日本人にとっては誇らしいですが、今の若い世代の方はわかるかな?
When he made his professional debut with Borussia MG. He probably loved this type. This chest symbol is a proud symbol for the Japanese, but can the younger generation today understand it?

アディダス選手がほとんどのバイエルンに移られても、
He was the only one to use Puma after moving to Bayern, where most players wear Adidas boots!

お一人だけプーマ

90年代になってもクラブでは一貫してプーマを愛用し続け、モデルについても基本的にはKING一筋だったような気がします。
I think he continued to use Puma consistently in the club in the 90’s, and was basically all about the KING as far as models go.

ただ、90年代のモデルには詳しくないので、不明なモデルもあります。
However, I’m not familiar with the models of the 90s, so some of the models are unknown to me.

94年シーズンのマテウス選手の画像
Image of Matthäus in the 1994 season.

シュータンはこれに似てますが、ソールはこちらのタイプのようです。
鹿島に来られる前のジョルジーニョ選手はバイエルンでご活躍だったのですね。
The shoe tongue is similar to this one, but the sole seems to be of this type.

Jorginho played for Bayern before coming to Kashima.

この時もマテウス選手はお一人だけプーマでした。
Again, only one Matthäus player was a Puma at this time.

ただ、95年のケガの影響か、長いシュータンが嫌いになったのか、次の年は同じモデルのシュータンを切ってお使いだったようです。
However, perhaps due to the injury in ’95, or perhaps because he disliked long shoe tongue, he cut off the same model of shoe tongue for the next year.

その後は、ソールが新しくなったモデルを98年ごろまでお使いで、
After that, he used a model with a new sole until about ’98.

99年からはクラブでもアディダスにされたようです。
From 1999 he started wearing Adidas boots at the club as well.

アディダスのワールドカップは在籍最後まで愛用され、その後アメリカでもご使用でした。
The Adidas World Cup was his favorite until the end of his time at Bayern, and then he used it in the United States as well.

実使用スパイクはたぶんプーマ本社にたくさん残されていると思われます。
こちらから抽出してみました。
There are probably a lot of actual boots left at the Puma headquarters. I’ve extracted them from here.


確証はないですが、あまり市販では見ないタイプで、マテウス選手用の特注品のような気がします。
I can’t be sure, but I don’t see this type of shoe on the market very often, and it looks like it was custom made for Matthäus.

さて、長くなりましたが、マテウス選手が履いたアディダスはほぼワールドカップか、コパムンではないかと思います。そういう意味では90年W杯の決勝で途中で片足だけ履き替えたのは例外中の例外だったと思われます。
I think the Adidas shoes that Matthäus wore were mostly for the World Cup or Copa mundial. In that sense, the fact that he only changed one foot in the middle of the 90th World Cup final was probably an exception to the rule.

せっかくなので、主要国際大会での画像をまとめてみました。
It’s a good opportunity, so I’ve compiled a list of images from major international competitions.

左から80年EURO(アディスーパーソールのワールドカップ)、82年W杯(ワールドチャンピョン)、84年EURO(3マテリアルソールのワールドカップ)。
From left to right: 1980 EURO (World Cup of Adi Super Sole), 1982 World Cup (World Champion) and 1984 EURO (World Cup of 3 Material Soles).


左2つは86年W杯。モロッコ戦とメキシコ戦はコパムンでしたが、それ以外はワールドカップだと思います。
右は88年EURO。この大会のワールドカップはこちらだったかもしれませんが、マーク裏が白いので、違うかもしれません。以後の大会はひたすらワールドカップだと思います。
The two left ones are the 1986 World Cup. The games against Morocco and Mexico were Copa mundial, but otherwise I think he wore the World Cup. The right one is 1988 EURO, which might have been this World Cup. But the back of the mark is white, so it might be different. I think all subsequent tournaments have been World Cups.


90年W杯の決勝についての詳細はこちらをご覧ください。
For more information on the 1990 World Cup final, click here.


94年W杯もワールドカップですが、初戦(対ボリビア)と第2戦(対スペイン)までは旧型(3本線がかかとまで伸びているタイプ)で、それ以降(対韓国)は新型にされたようです(右はブルガリア戦)。
The ’94 World Cup is also a World Cup, but until the first game (vs. Bolivia) and the second game (vs. Spain), it was the old type (with 3 lines extending to the heel), and after that (vs. Korea), it seems that the new type was adopted (right: the game against Bulgaria).


98年W杯(左)、2000年の代表戦(右)。ずっとワールドカップでした。
The 1998 World Cup (left) and the 2000 national team game (right). It was the World Cup all the way.

これほど一貫して同じモデルを愛用し続けた選手も珍しいと思いますし、その方がW杯最多試合出場記録保持者という意味でも、ワールドカップというモデルの偉大さを物語っている気がします。
It’s rare for a player to have used the same model so consistently, and I think that speaks more to the greatness of the World Cup model in terms of being the record holder for most World Cup games played.

マテウス選手のファンであれば、集めるモデルも少なくてよかったのかもしれません。
If you are a fan of Matthäus, you may have been able to collect fewer models.

主旨とはずいぶん離れてしまいましたが、レジェンドのスパイクについて語る機会がなかったので、まとめてみました。
It’s a long way from the main point, but I didn’t have a chance to talk about the legend’s boots, so I put them together.

追記
Postscript

マテウス選手ご自身がボルシア時代のスパイクを紹介されていました。
Matthäus himself was introduced to the spikes from his time in Borussia.