102 adidas NATIO NOCKEN

Size UK9.5 Made in West Germany

英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.26 「86年W杯の多様なアディダススパイク編」

カール=ハインツ・ルムメニゲ
Karl-Heinz Rummenigge

高校生の頃、初めて聞いた時はかっこいい名前だなーと思いました。
When I first heard it in high school, I thought it was a cool name when I first heard it.

また、実物もかっこいい。
It’s also cool in person.

なんだこの太もも!
What a pair of thighs!

ヨーロッパでは一番好きな選手でした。
He was one of the most favorite players in Europe.

スピードとゲルマン魂の選手でしたが、イメージとは裏腹に(?)固定式スパイクもよく愛用されていました。
He was a player of speed and Germanic spirit, but contrary to his image (?) moulded studs boots were also well-loved.

しかも、ほとんど白一色のアディパンソールです。
And they are almost all white adipan soles.

80年EURO(左)82年W杯(右)
EURO ’80 (left) World Cup ’82 (right)

84年EURO(左)86年W杯(右)
EURO ’84 (left) World Cup ’86 (right)

82年頃までは時期的にワールドカップウィナーをお使いだったと思いますが、84年頃には廃盤だったと思います。
I think he was using the World Cup winner at the time until about ’82, but I think it was discontinued around ’84.

つま先部分の詳細はよくわかりませんが、84年以降はこのモデルを使っていたと思われ、個人的にルムメニゲモデルと思っています。
I’m not sure of the details of the toe part, but I think he used this model after 1984, and I think it is Rummenigge model personally.

86年W杯で多分1回だけコパムンを履いた試合もあったようですが、主にこちらを愛用されていました。
There was probably only one game in 1986 World Cup where he wore Copa mundial, but he mainly used this model.

ただ、この大会ではチームメイトのブレーメ選手、エデル選手、ベルトルト選手も同じようなモデルを履いていました。
However, his teammates Breme, Eder and Bertolt also wore the same kind of shoes at this tournament.

日本でもNATIOというモデルが販売されていましたが、かかとのマークが異なります。
The NATIO model was also available even in Japan, but with a different heel symbol.


(ネットからの画像です)
(Image from the internet.)

ただ、復刻版らしきモデルはかかとのマークも同じです。
However, the model that seems to be a reprint version is the same as the heel mark.

追記
Postscript

Natioご愛用選手の画像を付け加えます。86年W杯の西ドイツ代表選手がほとんどだと思います。
I’d like to add a picture of some of players who wore this model, most of whom I believe were West German players at the 1986 World Cup.


ルムメニゲ選手
Karl-Heinz Rummenigge


ベルトルト選手
Thomas Berthold


ブレーメ選手
Andreas Brehme


エデル選手
Norbert Eder