102 adidas NATIO NOCKEN

Size UK9.5 Made in West Germany

英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.26 「86年W杯の多様なアディダススパイク編」

カール=ハインツ・ルムメニゲ

高校生の頃、初めて聞いた時はかっこいい名前だなーと思いました。

また、実物もかっこいい。

なんだこの太もも!

ヨーロッパでは一番好きな選手でした。

スピードとゲルマン魂の選手でしたが、イメージとは裏腹に(?)固定式スパイクもよく愛用されていました。

しかも、ほとんど白一色のアディパンソールです。

80年EURO(下左)82年W杯(右)

84年EURO(下左)86年W杯(右)

82年頃までは時期的にワールドカップウィナーをお使いだったと思いますが、84年頃には廃盤だったと思います。

つま先部分の詳細はよくわかりませんが、84年以降はこのモデルを使っていたと思われ、個人的にルムメニゲモデルと思っています。

86年W杯で多分1回だけコパムンを履いた試合もあったようですが、主にこちらを愛用されていました。

ただ、この大会ではチームメイトのブレーメ選手、エデル選手、ベルトルト選手も同じようなモデルを履いていました。

日本でもNATIOというモデルが販売されていましたが、かかとのマークが異なります。


(ネットからの画像です)

ただ、復刻版らしきモデルはかかとのマークも同じです。

追記

Natioご愛用選手の画像を付け加えます。86年W杯の西ドイツ代表選手がほとんどだと思います。


ルムメニゲ選手(Karl-Heinz Rummenigge)


ベルトルト選手(Thomas Berthold)


ブレーメ選手(Andreas Brehme)


エデル選手 (Norbert Eder)昨年亡くなられたそうです。合掌