68. adidas Challenger

Size UK6.5 Made in France

英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.22『ナゾ多きフランス製アディダス編』

アディダスの取替え式モデルで未だに手に入らないのが、82~84年に将軍・プラティニ選手が使用していたIBERICAとEUROPAです。

84年のカタログにどちらも載っていて、特にEUROPAは見開き2ページにわたり巨大な写真が出ています。

西ドイツ製だと取替え式ならば何とか見つかるのですが、これら80年代のフランス製を代表する2種類は出てこないですねえ。

生産数がかなり少なかったのかもしれません。

こちらのChallengerのソールはIBERICA、アッパーはEUROPAタイプです。84年のカタログには載っておらず、おそらくそれ以降に作られたようです。

もう一つ特徴を挙げると、シュータンのマークでしょうか。

「Made in France」ロゴ入りのフランス製特有のタイプです。

IBERICAとEUROPAもこのタイプのマークだった時期もあり、色も黒バージョンもあるようです。

青地に白文字マークの「Made in West Germany」は裏に小さく記されているだけですが()、フランス製表示はプライドを誇示するような感じなのが特徴的です。

ただ、その後、シュータンに巨大なトレフォイルが描かれ、その下に西ドイツ製表示のあるモデルが多数登場しました。

このタイプのシュータンは革製ではなくプレスするだけで、作るのに手間がかからないためか、何となく廉価版モデルに多かった気がして、(特に買う気はなかった)これしか持っていなかったと思います。