436 YASUDA unknown model

Size 25.5cm Made in Japan

一度は廃業してしまいましたが、現在は見事に復活されたヤスダさんの古いモデルです。

1970年代のモデルだと思いますが、当時は現在使われているヤスダ独自のラインではなく、

アディダスやプーマのラインのコピーもOK(?)な時代だったようです。

ただ、ヤスダだけがコピーしていたかというとそうでもなく、当時のスパイクメーカーと言えば、

ミツナガも

3本線モデルがありました(ネットからの画像です。)。

オニツカ(アシックス)タイガーも初期の頃は、

3本線のサッカーシューズがありました。

ヤンガーのスパイクは記憶にないですが、モンブランと合併したそうで、モンブランもこちらに紹介したような3本線のモデルがありましたし、トレシューのコーチャーも長らく3本線モデルがありました。

ヤンガーモンブラン(コーチャー)も現在は活発に(復刻)販売されているようです。

タチカラはさすがに3本線のモデルはなかったと思っていたのですが、

日の丸までついた3本線モデルがありました。
現在メルカリに出品されています(画像はそちらのものです)。
昔の日本代表用でしょうか?

そういえば、もっと古いメーカーも、

やはり3本線モデルがありました。

ということで、当時の国産メーカーはこぞってアディダスの3本線モデルのコピーを製造販売していたようです。

そういえば、海外製でも、

ローレンス社の3本線モデルや、

こちらでソール取りに使ってしまった、

ポルトガル製のメーカー不明モデルなどがありました。

それにしても、なぜこのラインにこれほど魅了されてしまうのか…。

2本でも4本でも違和感を感じますし、個人的には3本線の形が変わってしまったこの辺から

まったく興味が湧かなくなってしまいました。

実はこの10年ほど前にも少しショックを受けた覚えがあります。

欧州ではプラティニ選手が履いていたモデル(EUROPA、当時はよくわかりませんでした)、国内ではリンダウなど、3本線が途中で切れたモデルが登場しました。

やはり3本線はソールまで伸びているモデルが一番カッコイイと思います。

スニーカーでは今でも色違いをバンバン発売していますが、これにコパムンのソール付けてくれたら真っ先に買いますけどねえ…。

サンバも復刻(?)が人気のようですが、このスパイク版があったら魅力的です。

プーマではこんなモデルがありましたが…。

(2023年4月22日)

インスタでこんな画像が…。

本当にあったら即買いしますけど…。CGかな?

(2023年5月30日)