332 adidas World Cup Winner


Size UK8.5 Made in Austria

とうとう手にしたモデルです。
This is the model I finally got my hands on.

これもありがたいことに先生からいただきました。本当にありがとうございます。
This was also thankfully given to me by my teacher of the vintage football. Thank you so much.

オーストリア製のウィナーがあることは昔「adidas-world」に投稿されていたこの画像で知っていました。
I knew there was an Austrian-made winner from this image posted on “adidas-world” a long time ago.


シュータンマークは青で、ソールも旧型のアディパンソールでした。
The shoe tongue’s markings were blue and the sole was the old Adipan sole.

西ドイツ製をお持ちの方も投稿されていました。
Another collector who have West German ones posted them.


こちらはソールが劣化してなくなっているようでした。
This one seemed to have lost its sole due to deterioration.

今回いただいたモデルはオーストリア製ですが、シュータンマークが黒地に白のトレフォイル入りで、かかとのマークも大きなトレフォイルのみです。また、アディパンソールも80年代中盤以降のものだと思います(スタッドの数、形状が異なります)。
The model I was gifted this time is made in Austria, but the shoe tan mark is black with white trefoil, and the heel mark is also only a large trefoil. Also, I think the adipan sole is also from the mid-80s or later (number and shape of studs are different).

こちらが同時期の取替式タイプかと思いますが、これを手にした時に、同じアッパーの固定式があったのかもしれないと思っていましたが、現実に存在していました。
I think this is the replacement studs type from the same period. . When I got this one, I thought there might have been a fixed version of the same upper, but it existed in reality.

コパムンの登場とともになくなってしまったワールドカップウィナーというモデル名も残っていたんですねえ。さすが80年代のオーストリア製はどこまでもユニークです。
The model name “World Cup Winner” that disappeared with the advent of Copa mundial was still around, wasn’t it? As I would expect from Austria in the 80’s, the Austrian model is unique in every respect.

ウィナーのかかとはコパムンと違ってステッチのみのデザインです。西ドイツ製とオーストリア製で少し違うのは、
The heel of the winner is designed only with stitching, unlike the Copa mundial. The only difference between the West German and Austrian-made shoes is that


モデル名表示の中央に「WINNER」があるのがオーストリア製で、端に寄っているのが西ドイツ製です。
The one with “WINNER” in the center of the model name display is made in Austria and the one near the edge is made in West Germany.

世界のコレクターさんがお持ちのは西ドイツ製の未使用だと思われます。他に現存するのかな?
I believe the world’s best collector has one that is unused and made in West Germany. I wonder if there are any others in existence?

また、こちらと同様、シュータンを細工してみました。
I also crafted the shoe tongue as well as this one.
 
やはり青マークも似合います。
The blue mark also looks good.

先生は(私もですが)、シュータンマニアらしく、昔のアディダスの様々なシュータンもお持ちでした。それも譲っていただいたので、気分で着せ替えが楽しめます。
The teacher (myself included) was a shoe tongue fanatic and had a variety of old Adidas shoe tongue as well. He also gave me those as well, so I can enjoy changing them depending on my mood.

ただ、この青マークのシュータンは本物のワールドカップウィナーから取り外したそうで、本体はソールが劣化したので処分されたそうです。
However, the teacher said that this blue-marked shooter was removed from a real World Cup winner, and the body was disposed of because the sole had deteriorated.

うー、もったいない。もっと早くお知り合いになれていれば…。
What a waste. I wish I’d gotten to know him earlier…

これ以上望むのはバチが当たりますね。
It’s a beehive of hope any longer.

アッパーは当然アディカーフだと思いますが、これはプーマでいうボックスカーフと同等だと思っていました。しかし、
The upper is naturally an Adi calf, but I thought this was the equivalent of a box calf in Puma.


アディダスもアディカーフの他に、ボックスカーフのモデルもありました。レザー甲皮ってなんだろう?
But, Adidas also had a box calf model as well as the Adi calf. What is leather upper?

ここまでくれば何とかこれの親戚の右のモデルも見たいもんです。
If we get this far, I’d like to see the right model of this one’s relatives somehow.

追記
Postscript

先生からいただいたシュータンの画像を忘れました。貴重なスタッドもたくさんお譲りいただきました。
I forgot the picture of the shoe tongue I received from the teacher. He also gave me many valuable studs.