80. adidas RIO MOULEE

Size UK9.5 Made in France

英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.22『ナゾ多きフランス製アディダス編』

87年頃に国内でも輸入販売されていたようです。

このモデルの取替え式はこちらで見ることができます。

フランス製スパイクは「MOULEE」が固定式で、「VISSEE」が取替え式のようです。

この頃のフランス製に特徴的なシュータンマークで、こちらのモデルもフランス製があります。


右はネットからの画像で、フランス製「WORLD CLASS」。

このモデルは今となっては珍しいモデルだと思いますが、神が履いていなかったら見向きもしなかったでしょう。

80年代で神がアディダススパイクを試合で履いたのはこの時(1988年プラティニ選手の引退試合)しか見たことがありません(ナポリの写真は多分トレーニング時です)。

よほど何か強い要請があったんでしょうか?

それにしても神率いる世界選抜のメンバーはすごい豪華ですね。

アディダススパイク使用選手は多そうですが、このモデルを履いている方は神以外にいなさそうです。

なぜかボッシ選手がフランス代表ではなく、こちらにおられます?

あまり鮮明な画像がないのですが、マテウス選手はプーマだったようで、特に縛りがあったわけではなさそうです。

追記

この記事を書いているとき(2019年11月)に、約1年後にこんな本が出るとは想像もできませんでした。

いろいろ思いながら拝見していますが、毎日のようにディエゴ様の写真は見ているので、特に目新しい情報はもうないと思っていましたが…。

プラティニさんが自身の引退試合のことを話している記事があり、ディエゴ様はその試合、パパン選手のスパイクを借りて45分プレーしたとのこと。

真偽のほどはわかりません…。

ナポリの練習で履いているのはナゼ?