5. PUMA Cesar Menotti

Size UK6.5 Made in West Germany (outsole replaced)

英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.21 『少し微妙な監督のシグネチャーモデル編』

English is Here

これもマレーシアから入手しました。

箱入り未使用ですが、ソールはきれいさっぱりありませんでした。

一応、古いソールはどうしたかを尋ねましたが、残していないとのつれない返事でした。

もともとマレーシアの人は、この年代のスパイクに別のソールをつけて売ることもしていたので、劣化したソールのことなど何も気にしていなかったようです。

貴重だと思うんですけどねえ…。

というわけで、このモデル特有の10本スタッドの実物を手にすることは未だにできません。

また、この黒シュータンタイプだとレーハーゲルモデルと見分けがつかないですが、最近のKING GEARのコラムでもご紹介したT字型シュータンのシーザーメノッティを入手し、このモデルとの比較ができるようになりました。

とは言うものの、このモデルほどシュータンデザインが豊富なモデルは他にないと思います。

個人的には「Made in West Germany」が表示されたオーソドックスなタイプが一番好みで、国内でも使用者は多かったと思うのですが、今では全く見かけないです。

さらに、側面の印字が「Cesar Menotti」ではなく、「Menotti」だけのモデルもあったようです(画像)。

この頃のプーマはひたすら自由です。

さて、写真家の富越さんが最近貴重な昔の写真をアップしているおかげで、10本スタッドを履いていた選手の写真を見つけられるようになってきました。

それで気づいたのですが、グロベラー選手の10本スタッドは黒シュータンだったんですね。

このタイプだと欧州クラブの選手なので、レーハーゲルモデルかもしれません。

レアンドロ選手の10本スタッドは白シュータンでした。

私が最初に見たトヨタカップはこの時のフラメンゴ対リバプール戦でしたが、まさか今になってこの試合のスパイクについてこれほど真剣に調べることになるとは思いませんでした。


I got these from Malaysia as well.

It is unused in the box, but the sole was already removed.

I asked them what they did with the old soles, but they replied that they didn’t leave them.

Originally, Malaysians used to sell football boots of this age with different soles, so they didn’t seem to care about the deteriorated soles or anything else.

I think the original 10 studs sole is valuable….

So, I still can’t get the actual 10 studs unique to this model.

Also, although this black shoe tongue type is indistinguishable from the Rehhagel model, we got the Caesar Menotti with a T-shaped white shoe tongue, which I mentioned in a recent KING GEAR column, so we can compare it to this model.

That said, I don’t think there is any other model that has as many shoe tongue designs as this one.

Personally, I prefer the orthodox type with “Made in West Germany” on the label, and I think there were many users in Japan, but I don’t see it at all now.

In addition, there seems to have been a model with only “Menotti” printed on the side instead of “Cesar Menotti” (picture).

The Puma in these days is just so free.

Well, thanks to photographer Tomikoshi’s recent posting of rare old photos of players who wore 10 studs, I’ve been able to find photos of players who wore 10 studs.

Then I noticed that Grobbelaar’s 10 studs were black shoe tongue.

This type of player might be a Rehhagel model, as he is a European club player.

Leandro’s 10 studs were white shoe tongue.

The first Toyota Cup I saw was the Flamengo-Liverpool game at that time (1981), and I didn’t think I’d have to look into the football boots for that game as seriously as I do now.