15. PUMA Kempes Rosario

Size UK6 Made in Yugoslavia

私が持っているプーマの70年代のモデルとしては数少ない一足です。
This is one of the few pairs of Puma models from the 70s that I have.

シュータンの中央に白いラインが入っているモデルに興味があり入手しました。
I got it because I was interested in the model with the white line in the center of the shoe tongue.

神が現役時代に履いていたモデルに似た物はかなり集めましたが、画像のタイプだけは未だに見つからないです。
I’ve collected quite a few that resemble the model God wore when he was active, but I still can’t find the only type in the picture.

79年ぐらいはT字型なのですが、80~81年位に、このタイプのスパイクを履いていたようです。
In about ’79, they were T-shaped shoe tongue, but in about ’80-81, he wore this type of boots.

それ以前は黒一色でしたが、80年代前半でもたまに黒シュータンの時があります。
Before that, they were all black, but even in the early 80’s, sometimes they had black shoe tongue.

一方で、79年のワールドユースの頃から白シュータンも併用しており、私が神のプレーを実際見だしたのは82年のW杯からなので、「神のスパイク=プーマ西ドイツ製白シュータン」という固定観念ができてしまいました。
On the other hand, since the World Youth Games in 1979, he has been wearing white shoes as well, and since I started watching him play at the World Cup in 1982, I have developed a stereotype that “God’s boots = Puma West German white shoe tongue.

さて、ケンペスシリーズはケンペス選手が78年大会の得点王になってから、いくつかデビューしたようです。いずれもハイエンドモデルではなさそうで、このスパイクはその中でも一番安価なモデルです。
Now, the Kempes series seems to have debuted several times after Kempes became the top scorer in the 1978 World Cup. None of them seem to be high-end models, and this model is the least expensive of them all.

オレンジ色はクライフモデルをイメージしますが、ケンペス選手はバレンシアに所属していたので、オレンジラインだったのでしょうか?
The orange color reminds me of the Cruyff model, but Kempes was a member of Valencia, so was it the orange line?

このケンペスロサリオは画像のカタログ(1980年)のモデルよりも昔に製造されたようで、ソールのプラスチックがペランペランで、すぐに割れてしまいそうな素材です。
This Kempes Rosario seems to have been manufactured earlier than the model in the catalog (1980) shown in the image, and the plastic of the sole is pell-mell, a material that seems to crack easily.

画像のものは内張りが白で、ソールも素材が変わり、多少丈夫そうな感じです。
The one in the image has a white inner lining and a different material for the sole, which seems to be somewhat stronger.

収集し始めてから改めて、80年以前のプーマスパイクの奥深さを感じております。
Since I started collecting, I have felt the depth of Puma boots from before 1980.

平成以降に販売された、ケンペスの名前が取れた「ロサリオ」というモデルはシュータンの中央に白ラインが入っています。何となく昔のモデルを踏襲したのではないかと想像しています。
The model called “Rosario,” which was sold after the 1980s and took Kempes’ name, has a white line in the middle of the shoe tongue. I imagine that they somehow followed the old model.