7. adidas World Cup 78 (1)

Size UK8 Made in West Germany

英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.8『アディスーパーソールのワールドカップ編』

70年代のサッカーススパイクでは、かなり強烈なインパクトでデビューしたと言われる「ワールドカップ78」です。

2008年に30周年記念モデルが出たことからも、アディダスにおける重要モデルであることがわかる気がします。

昨今、海外オークションサイトでもめったに見ないモデルですが、今をときめく「メルカリ」で初めて買ったビンテージスパイクです。

初めは80,000円だったと思いますが、さすがに誰も手を出さなかったのか、だんだん下がっていったと思います。

メルカリは即決なのがいいのですが、見逃してしまうとかなり後悔することも多々あります。

本に載せるための資料として、これの復刻版を既に持っており、アディダスの当時物はとても高額で手を出すつもりはなかったのですが、メルカリの魔力に負けました。

数年前「adidas-world」で唯一投稿されていたワールドカップ78の画像(左下)をうらやましく眺めていたのですが、今ではそれと比べて違う部分を指摘できるほど詳しくなってしまいました。

一番意外だったのは、3本線の材質で、この頃の高級モデルはラインも革製かと思っていたのですが、このモデルは薄い合成皮革(もしくはナイロン)のようです。

78がなくなって「WORLD CUP」になってからは革製の物もあります。


2018年は40周年でしたが、何もなかったですね。

さすがにもう復刻はされないのでしょうか。

50周年モデルに期待したいですが、それまでスパイク集めを続けているのか?

まあ、ボチボチ行きたいと思います。