290, 291 PUMA WORLD CUP II and WORLD CUP

290 PUMA WORLD CUP II

Size UK12 Made in West Germany

プーマのワールドカップ
Puma’s World Cup

と言えば、やはりこちらだと思います。
I think this is the one.

日本ではベルトマイスターと呼ばれていました。
In Japan, it was called the Weltmeister.

これらはおそらく西ドイツがドイツになる直前のモデルだと思います。
These were probably the models just before West Germany became Germany.

固定式(World Cup II)は西ドイツ製で、取替式(World Cup)はイタリア製です。
The fixed type (World Cup II) is made in West Germany and the replacement type (World Cup) is made in Italy.

291 PUMA WORLD CUP 

Size UK7.5 Made in Italy

共通点はプーマラインの形ぐらいでしょうか。
The only thing they have in common is the shape of the Puma line.

固定式のソールには「Made in W. Germany」と記されています。
The moulded sole is marked “Made in W. Germany”.

この手のソールは劣化していることが多いですが、とてもきれいな状態です。
These types of soles are often deteriorated, but they are very clean.

保存場所によるのでしょうか?
Does it depend on where they are stored?

日本で販売されていたかもわかりませんし、デビュー当時の価格などもわかりませんが、プーマのワールドカップというモデルは歴代プロ選手御用達のハイエンドモデルだったので(アディダスも)、おそらくどなたかは履いていたと思いますが、あまり記憶にありません。
I don’t know if they were sold in Japan or not, and I don’t know the price at the time of their debut, but since the Puma World Cup model was a high-end model that was used by professional players of the past (Adidas too), someone was probably wearing them, but I don’t remember much.

いろいろ調べてみると、イタリアW杯開幕前のウルグアイ代表選手が履いていたようです。
After doing some research, I found out that the Uruguayan players were wearing them before the start of the Italian World Cup in ’90.


(トヨタカップでも活躍したアルサメンディ選手、デレオン選手)
(Alzamendi and de León, who also played in the Toyota Cup.)

フランチェスコリ選手のスパイクはこのモデルのようです。
Francescoli’s boots appear to be of this model.

しかし、アディダスも履いています。当時、プーマを履いていたタバレス監督も若いです。
But he also wears Adidas. Coach Tabárez, who wore Puma at the time, is also young.

ところが、本番ではSUPERGAを履くソサ選手以外は黒塗りしている選手が多かったようです。
However, many of the players seemed to be wearing black except for Sosa, who wore SUPERGA in the game.

その中でもロットの選手が多いような…。
Many of those players seem to be used Lotto….

でも、よく見ると…。
But if you look closely….

アディダスワールドカップのようです。
It looks like the Adidas World Cup.

この大会の得点王のスパイクもラインはクロノスのようですが、
The leading scorer of this tournament, his boots, also appears to have a line of Cronos.

取替式(ワールドカップ)も、固定式(コパムン)もアディダスっぽい…。
Both the changeable studs type (World Cup) and the moulded studs type (Copa munial) look like Adidas…

得点王と言えば、次の大会の得点王はこの方です。
Speaking of the top scorer, this is the top scorer of the next tournament in ’94.

この頃からはやりだしたリーボックっぽいですが、
It’s kind of Reebok-ish, which started to become popular around this time.

やはりワールドカップのようです。
It seems to be the World Cup of adidas.

さすが、富越さんの画像はすばらしいアングルです。
It’s a great angle of view, as expected of Tomikoshi-san.

こちらでも書きましたが、アディダスワールドカップは得点王ご用達の名品スパイクだと思います。
As I wrote here, I think this is a great spike for the top scorer.

追記
Postscript

ソールが違いますが、アッパーが同じモデルのポスターがありました。
There was a poster for a model with a different sole but the same upper.

90年大会の頃のようですが、たぶん、神は使っていなかったと思います。
It looks like it was from the ’90 World Cup, but God probably didn’t use it.

このソールパターンはこちらのモデルからデビューしましたが、今では劣化してしまったのか残っていないようです。
This sole pattern debuted on this model here, but I don’t think it has deteriorated or remains now.

このスパイクもサイズが特大なので、合うソールがなくて、シンプルな白一色ソールになったのかもしれません。This model is also oversized, so it may have been a simple all-white sole because there was no sole that fit.